準備・予算・お金など

なぜ新婚旅行はイタリア?迷うあなたの背中を押す5つの理由

更新日:

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01818

新婚旅行はイタリアへ

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01517

当ブログに訪問してくださったあなたはいま、新婚旅行の行き先を探している最中ですか?
おんせん夫婦は新婚旅行でイタリアを選択しました。

ライフスタイルにもよりますが、イタリアは何度も気軽に行ける場所ではないかと思います、新婚旅行は職場など周りも大目に見てくれるのでチャンス!

漠然と「新婚旅行でヨーロッパに行きたい」「イタリアとかいいな〜」と迷っているカップルにイタリアの魅力を伝え、背中を後押しし、効率よく準備を進めるようなブログ「イタリア新婚旅行ブログ」です。

おんせん夫妻は何度もイタリアに行っているエキスパートではありません、海外旅行初心者がドタバタしながら大満足のイタリア新婚旅行を綴ります。

おんせん夫妻のイタリア新婚旅行を余すことなく書きます、不安や迷いはどこかにしまって、ぜひ同じ感動を体験してください!

なぜイタリアなの?

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00231

まず、自分の話で恐縮ですが…
おんせんパパはイタリア料理店に5年勤務した経歴があります。
イタリア料理店に勤務するまではイタリアについて「ヨーロッパの中の長靴の形をした国」という社会で習った知識しかありませんでした。

しかし、働くうちにイタリア料理やワイン、イタリアの歴史を学び、イタリアで修行をした同世代のコックさんの話やイタリア好きのお客様の話など聞いているうちにイタリアに興味が湧きました。

そしていつの間にか「イタリアに行きたい」という気持が芽生えることとなります。

一方さくらんぼママは海外旅行の経験はあるが、ヨーロッパ方面は未経験、「いつかイタリアへ行きたい」という密かな思いがありました。

その2人の思いがついに実現したのがイタリアへの新婚旅行だったのです。

準備を始めるとおんせんパパは初めての海外旅行ということもありかなり不安で大変でした、今では笑える余計なもの(スマホが盗まれないようにするゴツいチェーンとか)も準備で購入しました。
そんなものは結局使わず(笑)結果トラブルもなく大満足の新婚旅行になりました。

あの準備に右往左往した日々も今ではよい思い出です。

私たちおんせん夫妻が帰国して「あれ行っとけばよかった」「あれ買っとけばよかった」と後悔の言葉も書いていきますので参考にしてください。

イタリア新婚旅行を迷うあなたの背中を押す5つの理由

1. 二人の思い出が強烈に残る

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00406

イタリアはどこの写真を撮っても絵葉書になりそうな風景ばかり。
特にベネチアは新婚旅行のためにあるような街で、水上バスやゴンドラに揺られて眺める風景は気分を最高に盛り上げてくれます。

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00404

帰国後も何度もイタリアを思い出し、イタリアが取り上げられている番組はすべてチェックすることになります。
おんせんパパはイタリアに着いた翌日の朝、ベネチアの路地裏散策だけでも、全旅行費用の以上の価値があると感じました。

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00238

2. 食事がとにかくおいしい!

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 3927 1

イタリア旅行でまず期待することではないでしょうか。

朝からスプマンテにモッツァレラチーズ食べ放題です、こんなのイタリアだけでしょう(笑)

フラッと入ったお店すべてが美味しい!
日本のイタリアンのレベルもかなり高いが(イタリアでは日本人のシェフがいる店にハズレなしと言われている)、やはり本場の味は気分も加わり特別です。

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 3943 1

多くの日本人シェフがイタリアに修行に行きます。そのことからも現地の味の大切さがわかります。
また、イタリアで飲んだワインは同じものでも日本より香りの広がりと口当たりが違いから美味しく感じました。

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 3906 1

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 3998 1

3.本物に出会える!

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC02617

あまり絵画や彫刻などに興味がなかったのですが、美術館で本物を見たとき、どこからか感動や鳥肌や震えがきて自分でもびっくりしました。

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01418

そして美術館だけでなく、街自体が世界遺産だけあって、散策するだけでワクワクします。
是非、カメラもスマホではなく、高画質のデジカメを用意してメモリーカードを一枚多め、予備のバッテリーを一つ多めに購入して持っていってください。

帰国後、ねごとで「ルネサンス」とつぶやき(笑)図書館で何冊も美術の本を借りてくるほどになります。ディズニーシーやハウステンボスではない、旅先全てで本物が目の前に広がります。

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00169

4. 新婚旅行は長期休暇が取りやすい!

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01290

日頃なかなか長期休暇が取れない会社でも新婚旅行は大目に見てくれる場合がほとんどです。
日頃より長期休暇が取りやすい会社なら良いのですが、このチャンスを逃すとなかなかヨーロッパ方面への旅行は難しいです。
新婚旅行はイタリアに行くチャンス!

5. ハワイなどは子供ができても行きやすい!

子供を作る予定があると思います。子供ができると、なかなか長距離フライトは難しくなります、
ハワイやグアムなどは、比較的子供を連れて行きやすいようで新婚旅行でなくても今後チャンスがでてきますよ!

新婚旅行は二人だけのいま!イタリアです!

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01066

イタリア新婚旅行を終えて気づいたこと

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 3973 1

おんせんパパがイタリアンレストランで働いていた時、イタリアへ旅行経験のあるイタリア好きの常連のお客様「Aさん夫妻」が楽しそうにイタリアの話をしてくれました。

当時おんせんパパはイタリアに行ったことがないので「Aさん夫妻」の話を聞いてもいまいち理解できていません。

イタリアへは一部の方を除いてなかなか簡単に行くことはできません。

現地での経験や、食べたパスタ、飲んだワインは特別な思い出ですが、3年経過した今、だいぶ心の奥の方にしまい込まれまています。

しかし、イタリアンレストランでイタリア料理やパスタを食べるとあの日の思い出が鮮烈に蘇ってきます。

イタリア 新婚旅行 ブログ IMG 4002 1

「Aさん夫妻」はイタリアンレストランで料理を味わうだけでなく、特別な思い出を味わうために来店されていたのだなと新婚旅行から3年経過した今思います。

おんせんパパとさくらんぼママは、おいしいパスタを食べる度に共通のイタリア気分がやってきます。

イタリア未経験でレストランで働いていた時はわからなかった「Aさん夫妻」の気持がわかるようになったのです。

イタリアへの新婚旅行は、あなたが今想像している以上の2人の思い出が残りますよ!

イタリア 新婚旅行 ブログ DSC01799
イタリア 新婚旅行 ブログ DSC00781

おんせん夫妻のイタリア新婚旅行各都市のブログ記事へ↓↓↓
・サンマルコ広場近くのホテルから路地散策、ため息橋、ムラーノ島までヴァポレットなど
>>ヴェネチアの旅行記一覧⇒こちら!
・シニョーリア広場近くのホテルからミケランジェロ広場、大聖堂、ヴェッキオ橋へ
>>フィレンツェの旅行記一覧⇒こちら!
・ローマの休日めぐりの計画、スペイン広場、トレヴィの泉、パンテオン、バチカンと美術館へ
>>ローマの旅行記一覧⇒こちら!

おんせん夫妻の新婚旅行は飛行機、移動の列車とホテルのみ旅行会社が用意してくれたフリープランで自由にプランを決めました。

各サイトで日程などを調べてみて、希望にあったプランを選んでみてください!きっとぴったりなプランがありますよ!

最後までお読みくださいましてありがとうございました!

おんせん夫妻は実店舗やでも確認しましたがネットがおトクでした。
そして様々なサイトでプランと価格を比較しました。

■楽天トラベルはポイントでおトクなことも!
>>楽天トラベルでヨーロッパ方面イタリア旅行のプランを検索してみる!→こちら

■H.I.S.のハネムーンプラン
>>H.I.S.のハネムーンプランで探してみる →こちら!

最終的に費用とプランがフィットした日本旅行に決めました
※以下のリンク先右下の「人気の特集から探す」→「ハネムーン特集」でもイタリアは1位です!
⇒♪日本旅行のイタリア特集♪




「これ!」って思ったプランは後回しにすると誰かに先を越されます(おんせんパパ経験談)
お二人のスケジュールやご希望に合わせてお選びください!

-準備・予算・お金など
-, ,

Copyright© イタリア新婚旅行ブログ , 2017 All Rights Reserved.